« コメダのモーニング | トップページ | もやしもんふたたび。 »

2008年1月 6日 (日)

そういえば。

タイトルの「清風朗月」の意味というか、出所は漫画家の故名取ちずるさんの書いた「空がとっても青いから」の中にでてきてて、それに感銘を受けて「好きなことば」になり、つけさせていただいたのです。

「清風朗月一銭の買うを用いず」が正式?で、唐の詩人・李白の言葉です。

で、実用ことわざ辞典によると「すがすがしく吹く風 明るく輝く月を眺め味わうには 一銭の金銭もいらず 誰にでも自由にできることだとゆうこと」だそうです。

名取ちずるさんは漫画の中で、ちょっとズレた主人公は「自然は誰にでも平等だよ」と解釈し、「ちゃんとあたしにもやさしい風は吹いてくれるの 月は明るく照らしてくれるの ズレたあたしでも認めてもらえるようで とても好きなことばなの」と書かれています。

他にも素敵なお話がありますので、機会があればゼヒお読みください☆

名取ちずるさんは2004年の1月に肝臓ガンで39歳の若さで他界されましたが、届けてくださった、とってもあったかい、ぽかぽかするような漫画に感謝しながら大事にしていきたいと思ってます。

ちなみに同じ話の中で出てくる男の子の名前は「晴日(はるか)」といい、「晴れた日の青い空みたいにきっぱり明るく育つように」という願いからつけられた名前です。これをみて、ワタシの子供は男だろうが女だろうが「晴日」とつけるぞ、とずっと思っていたのにこの話をした他の人の子供にとられてしまいました・・・。ちょっと残念、かも。

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4088484827/fc2blog06-22/ref=nosim/

|

« コメダのモーニング | トップページ | もやしもんふたたび。 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516461/9750850

この記事へのトラックバック一覧です: そういえば。:

« コメダのモーニング | トップページ | もやしもんふたたび。 »