« さくしお通信 | トップページ | 赤と青 »

2008年11月23日 (日)

手続き日記5~介護保険

写真を撮るわけにもいかず、なかなか書けずにおりましたが、20日(木)に区役所から介護保険の認定のための訪問調査がありました。

時間にして1時間ちょい。明るく、ハキハキした感じのよい女性おひとりでした。

立ち会いはワタシと父で、調査員の方が母に直接質問。補足を家族が行い、母への質問の後家族のみに状態を確認する。という流れでした。

母への質問は、自分の名前・生年月日、今の季節・日付などから始まり、からだの中で動かしにくいところはないか、動かせるか、歩くことはできるかなどなど。事前にうかがっていた話だと60項目くらい質問があるっていうことだったと思うけど、まとめたりして聞いてくれたのでたくさん質問されたっていう感じはしませんでした。

母への質問の後、家族向けの事前調査に記入してある内容についての確認、不自由に思っていること、介護保険で利用したいサービス、母の状態などを説明しました。

で、この調査内容が今度、主治医の診断書と合わせて審査会に出されて、介護の認定がされるとのことです。今は介護の必要なし・要支援2段階・要介護5段階の8種類で認定がされます。主治医の先生の話では要介護の3段階くらいはとれるのではないか、とのこと。

ワタシや父に何かあったとき、助けてもらえる仕組みがあれば利用したいし、少しでも元に戻れるようにリハビリができたらなーって。

ま、とにかく認定待ちになりました。結果は1か月かかるとのこと。年内はムツカシイのかもしれません。気長にやるしかないのかなーと。

ただ、認定がとれてもそれですぐ制度を利用できるかといえばそうではなく。認定事業所にコチラから連絡をしてケアマネージャーさんにケアプランを作ってもらわなければならない。どこの事業所にするかは家族や本人の選択とのこと。

どこがいいのかなんてわっかんないし、認定結果くるまではどこでどうするか調べなければ。調べても認定のランクでできること変わってくるし。。。

こういう手続きとかって、ホント年配だったり、体の不自由な方にはしにくいと思うなー。ワタシはかろうじて?まだ若い方だし、ネットも使えるし、クルマも運転できるけど。体の自由がきかない父だけだったら、すごく大変だったと思う。それを思えば寄生虫生活も役に立っているということかしらん。

相談にのってくれるっていう、地域包括支援センターとか、あること知らない人多いと思う。広報なごやには書いてあったけど、なかなかじっくり読むことないし。行政のしくみって、知ることってムツカシイ・・・。

|

« さくしお通信 | トップページ | 赤と青 »

介護保険制度」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/516461/25579928

この記事へのトラックバック一覧です: 手続き日記5~介護保険:

« さくしお通信 | トップページ | 赤と青 »